車検 払えない

車検代が払えない場合にはどうするか!?

車検が間近に迫っているものの・・・・車検代が払えない、お金を工面できないという場合にはどう対応すればよいのでしょうか!?

 


このページの目次は↓↓コチラ↓↓です。

 

 

まず車検代が払えないからといって、車検の切れた車を運転することだけは絶対に避けましょう。

 

ちなみに車検切れの車を運転、走行した場合は犯罪です。

 

 

↓車検切れで運転した場合に想定される違法性

「無車検車運行」で道路運送車両法違反に該当し、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金。

 

免許点数も6点減点の上、90日間の免停処分となります。違反等で点数加算があれば免許取り消し等にもなります。
更に、車検切れの状態で人身事故、物損事故などを起こした場合は自動車保険の適用もされない場合があり、犯罪ということだけでなく、経済的にも危険な状態となります。

▲ページTOPに戻る

 

無車検の場合
6ヶ月以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金
無保険の場合
1年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金

 

無車検、車検が切れている場合、自賠責保険の期限も切れているため、無車検・無保険の状態となっています。無車検・無保険での運行は初犯であれば略式裁判になり、30万円程度の罰金での処分で済むことがほとんどですが、前科がある場合は執行猶予なしの実刑になる場合がほとんどです。

 

▲ページTOPに戻る

 

車検代は大体10万前後を用意する必要があります。

近年安くなってきた車検料金ですが・・・実際には以下のような負担があります。
10万円〜20万円を準備しておけば大丈夫です。(故障部品等の費用も想定した場合)

 

 

 

 

↓車検で確実に必要な費用(法定費用)

  1. 自賠責保険料・・2年間で3万円前後
  2. 自動車重量税・・車種や排気量で違います。
  3. 印紙代

 

↓車検の検査、整備、作業に必要な費用

  1. 整備・点検の費用(作業費用)
  2. 部品交換代(希望すれば)
  3. 車検の申請代行手数料

検査の手数料に加えて点検整備費用が費用です。

 

車検の法定費用で平均3万〜7万円(排気量、車種等で違うため)、工場などに払う作業量、申請代行手続きなどで2、3万といったところです。

 

これに愛車のどうしても走行上必要な交換部品(ブレーキパッド、タイミングベルト、タイヤなど)などを入れてしまうとかなりの金額になることが分かりますね。

 

できるだけ車検がある年の前年には貯金をしておくことをおススメします。

 

▲ページTOPに戻る

 

 

どうしても車検費用が払えない、工面が難しい場合は?

こちらではあと少し車検費用が足りない、借金の返済や突然の出費が重なり車検代が払えないとなった場合の対策をご紹介します。

徹底的に安い車検工場を探してみる

あとちょっと車検費用を安くしたい、という場合はお近くの自動車整備工場、ガソリンスタンドなどを探してみるとよいです。今は比較すると安い工場を探せます。
ただ、法定費用は変わりません。整備作業等の料金が違ってくるので安くすることは可能です。

 

↓一度、チェックしてみてくださいませ。EPARK車検という比較検索サイトです。

 

 

↑全国1900店舗以上登録。地域の安心で格安な車検を簡単に検索&比較、予約&見積り依頼が出来る格安車検サイトです。

 

▲ページTOPに戻る

 

車検代を借りる

手持ちの車を車検切れにしてしまう危険性、違法性は上記した通りです。
地域によっては車がなければ仕事も生活もできない場所もあります。車が利用できないデメリットを考えれば車検代を借りて、通すことを優先すべきです。

 

車検代を借りる場合は以下の方法を検討しましょう。

 

親兄弟、親戚、友人に借りる

一番確実な方法ですが、やはり信頼の問題があるのでなかなか借りにくいの実際ですね。

 

マイカーローンで借りる

銀行、JA等の金融機関では車検の際にマイカーローンを利用できます。
給料振り込み口座などの金融機関に相談するのがベストです。金融機関とお付き合いがない場合はマイカーローンの審査は厳しく、融資までの時間がかかります。
早めの見積もり提示と金融機関への訪問が必要です。

 

クレジット分割支払いをする

車検工場がクレジットカード払いに対応している場合は分割支払いが可能な場合があります。ディラー車検は高額になりますが、クレジットカード払いに対応しています。
分割払いに対応しているか確認しましょう。金利も高い傾向にあります。

 

キャッシングで短期借り入れをする

即日で借りれて、初めて借りる場合は金利0円というプランもあるので重宝しています。
実はクレジットカードローンよりも金利がかなり低いです。給与やボーナスで返済できる場合にはキャッシングでの短期借り入れが一番便利でラクです。

 

 

↑プロミスは「30日間無利息」のサービスがあります。適用されるかチェックしてみるとよいですよ。
※メールアドレスとWeb明細利用の登録された人が対象。
また、自動契約機も多く設置されているので、返済の際も早めに動くことができます。返しやすさを考えておくことも大事ですので。

 

また、「瞬フリ」といって、三井住友銀行orジャパンネット銀行を使っている方なら平日でも土日祝日でも22時までに契約完了することで、24時間振込可能になります。
自動契約機も多くありますが、平日14時過ぎてもその日に借りたい場合、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけばすぐに利用できます。
(自動契約機でカードを受け取れば、基本的に自宅に郵送物は届きません。)
↑急ぎの方にはおすすめできますね。

 

 


↑複数の会社を比較検討できます。
匿名、即日、無料で融資の審査をしてくれますよ。

 

▲ページTOPに戻る

 

車を手放す、売却する

車検代がどうしても払えない場合、すでに車検切れの車がある場合は売却も考えましょう。

 

>> 車の買取会社の査定額が無料でわかります。【ズバット車買取比較】

 

特に車検が切れている場合は工場までの運転もできません。
早めに売却すれば高値で売れる可能性が高いです。車を売ったお金を頭金にして新しい車をローンで購入する方が安心でお得な場合が多いです。

 

ちなみにガリバーやアップル、ビッグモーターなどの自動車買取をしている会社では車検切れの車を売却する場合でも、人気車種、価値のある車は高値で引き取ってくれます。
また、運転はできないので陸送ようのレッカー車や牽引車も無料で用意してくれますので心配はありません。

 

また車検切れによる自賠責解約の手続きだったり、各種面倒な申請や手続きもすべて買取会社が行ってくれます。
できるだけ高く売るために、最低でも3社から5社程度の会社に査定見積もりを出させましょう。

 


>> 車の買取会社の査定額が無料でわかります。【ズバット車買取比較】

 

▲ページTOPに戻る

 

車検代を貯めるまで車を運転しない

とにかく車検代を貯めるまで車を運転せず、車検代が貯まったら工場にお願いする方法もあります。ただ、工場までの運転をすると違反になります。仮ナンバーの申請が必要となり、とても大変です。
業者に頼む場合、牽引車、レッカーや陸送を依頼する必要があり、別途高額な費用がかかるため現実的とは言えません。
ちなみにほとんどの保険会社は車検切れの自動車の任意保険更新はできません。
車検切れの車とそのドライバーへの保険は全くないと思っておきましょう。
車検代を貯める努力をするなら、お金を借りるか、潔く一旦、車を売却しましょう。

 

 

>> 車検切れ車も高く売れます。

 

 

何か事故や問題を起こして前科がつくことを考えれば・・・安心して車に乗れる手段を選びましょう。

 

▲ページTOPに戻る

カーシェア、レンタカーを一時的に活用してみる

ちなみに一時的に車を失っても、今は安い価格でカーシェアリングやレンタカーも利用できます。親、兄弟にしばらくの間、車を借りるという方法もあります。
※親兄弟、知人から車を借りる場合は任意保険で他人でも使える契約かを確認しておきましょう。

 

▲ページTOPに戻る

 

親の車が車検切れを起こしている場合は?

 

私の父は土建屋だったのですが、仕事で使うトラックが車検切れを起こしていたのでガリバーとアップルに査定見積もりをしてもらい売却したことがあります。

 

なぜ車検切れを起こしたかというと足の股関節の手術で入院をしていたからです。書類、はがきは自宅に届いていたのですが、母と父の折り合いが悪く、その書類を確認しておらず、車検切れを起こしているという状況でした。

 

退院後に発覚したため、私が代理で車の買取一括査定サイトで大手の買取会社への売却見積もりを依頼して引き取ってもらいました。

 

一時はトラックを運転できないので、牽引用のトラックを持ってくるから費用がかかり、売るお金よりも費用がかかるかもと考えましたが、無料で牽引車両を出してくれましたよ!
ちなみにそのときはガリバーさんでした。

 

>> 父親の車検切れトラックを売却した際の内容はコチラです。

 

 

この時は父も退院して、書類上の本人確認は親がしましたが、最近では親の痴呆、認知症などの問題で代理で子供が車検の切れた車を処分することも多いようです。

 

親に判断力が認められない場合、病気や寝たきりなどで親が手続き類をできない場合は、子供や兄弟が代理ですることになると思いますが、この場合は非常に大変です!!!

 

住んでいる都道府県の陸運局等に訪問して書類を準備したり、何度も郵送したり、捺印の訂正などがあったりと・・・非常に手間です。

 

ガリバーさんにも確認しましたが、そのような手間と時間とお金(印紙代や移動にかかわるお金)をかけるくらいなら、一時でも早く価値のあるうちに車は売却したほうがよいといわれました。

 

ちなみに判断ができない親の代わりに車を売却する場合でも、大手の買取会社はそれらの手続き類を把握しているので手続きも早いようです。親の代わりに子供が動き回らなくて済むので非常に便利ですので、ぜひ活用してください。

 

▲ページTOPに戻る

 

借金、多重債務を抱えている場合

毎月の支払いの中で借金だったり、慰謝料だったりの支払いに加えて車検費用が工面できずにきついという場合は・・・かなりのあなたの経済状況は危険水域にあると言わざるを得ません。

 

できるだけ早めに借金や債務の返済軽減策を考えると同時に、車の売却なども考えておきましょう。

 

ただ、車検代を払わず車を手放しても、自動車ローンの残債やその他のローンや借金の支払いが重なって家計が苦しいという場合もあります。借金地獄につきすすみたくないという方は一度、借金問題、返済についてのアドバイスが貰える相談無料の法律事務所を活用してみてください。
多重債務などの返済で毎月の家計が苦しく破綻寸前という方の多くが、法律事務所からのアドバイスや債務整理(特にライトな方法でもある任意整理)を行い、借金やローンが払えないという状況から脱しています。

 

↓24時間365日全国相談無料の弁護士事務所「弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)」

 

>> 弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)の無料相談窓口はコチラ

 

ネットですべて連絡、依頼ができます。時間がない方、債務整理のプロ弁護士に無料相談したい方はコチラがオススメです。
※近くの法律事務所、弁護士が債務整理問題に得意とは限りませんのでご注意ください。

 

愛する家族のために仕事や家族サービスをするための自動車を売って、借金まで考えて頑張ろうとしている貴方の力添えをしてもらえます。

 

小さな積み重ねの借金やローン、支払いが取り返しのつかないことになることもあります。

 

車検のみでなく、車のローン、慰謝料の支払い、親の介護や借金など別な借金返済だったり、多重債務、が重なった場合は債務整理、任意整理、自己破産を含めて想定をしておかなければいけません。

 

債務整理の一つである自己破産をする場合、借金を返済せずにすべてが片付いてしまう一方、デメリットも多くあります。

 

自己破産によるデメリット

・ ブラックリストに記載されるため、借入が7年間できない
・ (破産者の)住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されてしまう
・ 保険の外交員、警備会社の警備員など一部就けない職業がある
  (破産開始決定を受けてから、免責決定を受けるまでの間)

 

自己破産をしても戸籍に破産者であることが記載されるわけではありませんし、年金受給権や選挙権がなくなるわけではありません。

 

就職先が制限されたり、借入が7年制限されたりと、不具合が多々でてくるのも現実ですが、メリット・デメリットをよく考えた上で、プロの法律家に相談してみましょう。実際には他の借金等との合算で任意整理というライトな債務整理で済む場合がほとんどですから、自己破産で職場にもバレて、家族や親戚にもバレて人生終わりだ!なんて悲観することはありません。

 

借金、ローンのことで悩んでいる場合は、ひとまず冷静になって、お住い近くのプロに相談してみることをオススメします。
弁護士事務所や司法書士事務所を無料で探せるだけでなく、無料で弁護士や司法書士と相談するできる事務所も探せます。

 

車を売却しても車のローンが残ってしまう、その他のローンや借金の支払いが重なって家計が苦しいという場合もあります。せっかく手に入れた住宅まで手放したくない、このまま借金地獄につきすすみたくないという方は一度、借金問題、返済についてのアドバイスが貰える相談無料の法律事務所を活用してみてください。

 

↓24時間365日全国相談無料の弁護士事務所

>> 弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)の無料相談窓口はコチラ

 

ネットですべて連絡、依頼ができます。時間がない方、債務整理のプロ弁護士に無料相談したい方はコチラがオススメです。
※近くの法律事務所、弁護士が債務整理問題に得意とは限りませんのでご注意ください。

 

多重債務などの返済で毎月の家計が苦しく破綻寸前という方の多くが、法律事務所からのアドバイスや債務整理(特にライトな方法でもある任意整理)を行い、借金やローンが払えないという状況から脱しています。

 

 

▲ページTOPに戻る